笑いに変える

※千年たってもいい話

笑いに変える【斎藤一人さん】

ひとりさんといるとサ、
ディスニーランドより楽しいって、
言ってくれンのね。
ま、うちのお弟子さんは俺といるのが好きだからな。
それはそれでいいんだけどサ。
俺、ホントに楽しいの。
なんで、楽しいんですかっていうとね、
楽しいこと考えてっからなの。
楽しい人って、楽しいこと考えてんだよ?
私つまんねぇんですって人つまんねぇこと考えてんの。
それでね、腹の立つやつはね、
いつも怒ってるようなやつって、
腹の立つこと考えんだよ。

家帰ってきて、
おまえなんでこんなとこ雑巾おいてあんだ、
っていうけど、あれ雑巾めっける前に怒ってんだよ?
雑巾でも、ごぼうでもなんでもいんだこれ。
なんでこんなとこ、ごぼうがあんだ、って。
で、なんにもめっかんないとき一番腹立つんだ。
そうすると今度むかしのことまで持ち出すんだ。
済んじゃったことまで持ち出して、
おまえそういえば、とかっていう。
それでね、人間、腹の立つこと考えて、
幸せになりましょうとか、つまんねえこと考えながら、
面白く生きましょうって、出来ないよ?って。
だって、考えてることがあんたなんだよ、って。
俺のお弟子さん、修行があって、
大まかにいうと俺の教えって簡単なの。
大概のことは我慢しろ、って。
我慢すれば人間関係って、うまくいうんだよ。
ただ、我慢しすぎると自分が壊れちゃうんだよ。
で、我慢がないと人間関係が崩れちゃうんだよ。
それのバランスをとんなきゃいけないんだよ。
いやなことっていっぱいあるよって。
この日本て国、アメリカと違うんだよ。
アメリカって金持ちなるともう
エバってるようにしていいの。
ボクシングでもなんでも、
チャンピオンなっちゃったりなんかすると
何言ったっていいの。
生意気なこと言ってても、
みんなが拍手するの。
日本て、違うんだよ?
日本て国は、上になればなるほど、
実れば垂れる稲穂かなって、
謙虚なってこないといけない国なんだよ。
ここにいる神様がそういうこと許さねぇんだよ。
要するにエバるってこと。
だから会社やなんか起こして
出世したやつっているじゃない。
出世すりゃエバれると思ってんだよ。
ところが、頭下げることが多くなってくるんだよ。
それが自分の思い通りにいかないから、
金持ちだとか出世したやつで、
のべつ怒ってるやつっているだろ?
あれね、エバれると思ってるんだよ。
ところがこの国は許さないんだよ。
カネもったら、地位があがったら
謙虚にしなきゃいけない。
むかし、恵美子社長が俺と仕事する前にね、
都内の一流ホテルでね、指圧の先生だったの。
二十歳ぐらいの時ね。
俺がセンチュリー乗ってて、
「私の友達センチュリー乗ってんのよ」って話したら、
そしたら、寝てた人がだよ、
パッと起き出して「ありがとうございます!」って言ったの。
トヨタの社長だったの。
トヨタの社長、日本一の会社の社長なったら
威張れるんじゃないの。
あっちもこっちもお客さんで
頭下げてなきゃなんないんだよ?
偉くなるってことは
頭下げるってことが多くなるってことだよ?
これが日本て国なんだよ。
俺たちサ、ヤなことあるじゃない。
そうすると、笑えることに変えるゲームしてるの。
これが出来ないとみんな幸せに生きれないからね。
この前ね、会津行ったの。
そこで講演の前、そば屋はいったらね、遅いの。
ホント遅いの。
出てこねぇんだよ、ずーっと。
そんときね、言ったの。
「今日は昼から懐石ですね。」
そうすっとね、ふっと笑えるの。
滋賀行ってね、そば喰ったらまずいんだそのそばが。
あんまりまずいんで、俺思わず言ったの。
「この蕎麦は、すごい!」
「そばから、だしをとってる。」
飛騨高山行ってね、
もう暑くて喫茶店はいったらね、
そこの人ね電話してんの、ずっと。
俺たち入ってんのに、水も出ねぇんだよ。
それでずーっと電話してんの。
そんとき俺言ったの。
「俺たち旅人が求めてるのはインパクトだ」
もうね、飛騨高山っつうとあすこしか思い出さない。
次絶対また行くんだよ。
決めてんだよ。
津軽三十三箇所って、青森でね。
龍飛岬のほう行ったときね、旅館泊まったの。
今日はどちらに泊まるんですかって
お寺の人に聞かれて、●●旅館です、
って答えたら、黙っちゃったの。
その瞬間、アブナイな、って。
行ったらね、うっすい布団なんだけど、重いの。
今日は一枚で十枚分の楽しみがありますね。
って、ふとん十枚かけたぐらい重いの、そのふとんが。
おもしろかったよ~ うん。
食事はいつでも出来ますから。
って、いつでも出来るようにずーっと前から出てんだもん。
そうすっとね、もうそこの旅館のことでね、
俺たち10年ぐらい遊んでられんの。
だから、人間ね、なんかねヤなことじゃなくてね、
どうしたら面白く変えられるかな、っていうね、
ことをやってないと楽しく生きれないよ。
で、俺がその話したらね、その人ね、
もうどっかで、まずいそば屋ないかなって
思って探してるんだって。
で、あったらこれを言わなくちゃと思って。
え~、普段俺は、くだらないこと考えてます。
講演の時だけです。
私がまともな話してんのは。
あとは、ホントにね、バカバカしいこと考えてます。
で、そのバカバカしさ、ハンパじゃないです。
この前も、にこにこしてたら、
ひとりさん今ナニ考えてんですかって。
教えてやろうか、って教えた話があります。
『もしもし地獄』って話です。

★もしもし地獄
一人の男が死んで地獄に行きました。
地獄は花が咲き乱れ、小川が流れ、
小鳥がさえずり、素晴らしい世界です。
あまりの幸福な世界なので、
ゆっくり眠りたくなります。
すると、耳元で「もしもし」と声がして目が覚めます。
男はゆっくりねむれません。
5日過ぎても耳元でささやく声で眠れません。
男はまぶたの上に大きな目を描きます。
すると、耳元で
「みんな5日過ぎると
まぶたの上に目を描いてごまかそうとするのです。
サイクリングに行きましょう」
と無理矢理、男をサイクリングに連れて行きます。
すがすがしい風が男を幸福にします。
きれいな牧場に着きました。
美味しいサンドイッチを
ランチボックスから取り出していただきます。
男は本当に幸福です。
あまりの幸福感からうとうとと眠たくなります。
すると、「もしもし。今から山に登りましょう。
素敵な景色が見える山です」
男は「大変疲れているので
今山に登ると死んでしまいます」と言いますと、
「あなたはもう死んでいるので死なないんです」
そうして無理矢理、山に登らせます。
男はこれが「眠らせない地獄だ」と気づきます。
「何日こんな眠らせない地獄がつづくのですか?」
「そうね、だいたい150年くらい。
早い人で100年ですかね」
山に登ると美しい景色が見えます。
男は素晴らしい景色に感動して
幸福な気持ちになります。
大変登山で疲れて、山頂で眠ろうとすると、
「もしもし、今度は楽しい遊園地に行きましょう」
男はついにきれて暴れまくります。
暴れて暴れて疲れ果て、眠ろうとします。
「もしもし、もしもし」
こうして毎日毎日楽しいイベントが続く
眠らせない地獄が続きます。
男は耳元でささやく声に向かって質問します。
男は次第に人間が少なくなって、
熊が増えていることに気づきます。
「どうして熊が増えているのですか?」
「それは、目の下にくまが出来て
150年過ぎるとみんな熊になちゃうんです」
ひとりさんがね、人生ってそんなにヤなもんじゃないぞ~、
仕事ってさ、そんなにヤなもんじゃないぞ~、つっても、
「わたしつらいんです」
ふーん、つらいって、何と比べてんだ?
これがもしもし地獄に比べたら、
つらくないよ、つってんだよね。
今日ね、帰るとヤなことあります。
会社行くとエバってる人います。
そういう時、『もしもし地獄』に比べたら……(笑)
寝れるだけで幸せです。
なんかあったときね、ふっと笑えたら、
その苦労に人は負けてないんです。
暇なときにサ、応用してね、
誰かサッカー好きだったら
「あなたサッカー好きでしたね。
明日サッカー場用意してあります。」
寝てないのに、サッカー場。
楽しいこと考えてると楽しくなるよ。
それで楽しいこと考えてると楽しいこと呼び寄せるよ。
えー今日はすごく楽しく話しできました。
ここに来ている人、全員、一人残らず、
一緒に天国に行って
そこでパーティーを開きましょう。
どうもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました