商売に下心は不要 ~ 0%の話

下心~0% 【斎藤一人さん】_

「0パーセント」の話です。

さっきも天命の話をしましたが、
天命にのっとって仕事をしていると、
楽しくてしょうがない。

たとえば、ここに時計があるとします。
私はこの時計に惚れ込んだ。
そうすると、
この時計の話がしたくてしかたがない。
1個も売れなくていいから、
とにかく自分が惚れ込んだ
時計の話を聞いてもらいたいと。
それで、ずっとこの時計の話をしていると、
奇跡が起きるんです。
100人に話すと、
100人が買ってくれる。
買わなかった人がいても、
その人は友だちを連れて帰ってくる。
つまり、200パーセント買ってくれるんです。

ところが、相手の顔色を見ながら、

「これ、この人買うかなあ、買わないかなあ」
って思いながらやっていると、
奇跡が起きないんです。

なぜかというと……

テニスをやるとします。
私とあなたがテニスをやります。
そうするとあなたは、
結果が気になってしょうがない。
しょっちゅうスコアボードを見てる。
私は球を見る。
だから勝つのは私なんです。
結果をあまり気にしちゃダメなんです。
人に教えてたくてしょうがない、
ぐらいに惚れ込めば、
ものは売れるんです。

そこまで惚れていない商品を
人に勧めるのは『悪』なんです。
もっと自信のあるものを探せばいいんです。
自信のあるものがないなら
商人なんかやらないんです。
この商品が本当いいものだと思うから、
一所懸命その良さを話すことができるんです。
そうしたら買ってくれなくても
かまわないんです。
言いたいんだから。

言いたいことってたくさんあるでしょう?
それを一所懸命に言えばいいんです。

お弟子さんが私から教わったことは

『この人に、全てのよきことがなだれのごとく起きます』

これを言うんだよ。

歩いている人でも、
何でも、出会った人、
みんなに言うんです。
人の幸せを願うようになると、
心が豊かになるんです。
心が豊かになると、
人相も変わってくるんです。
そうすると起きる現象が変わります。

自分の心が貧しいのに、
豊かになりたいといっても、
できないんです。

もしそんなことが現実に起こったとしたら、
その持った金が悪因を残して、
それを頭金にして土地を買って
膨大な借金ができるとか、
強盗が入ってきて
金を取られたうえに命を取られるとか……
いいことはないんです。

だから、まず心を豊かにしなければだめなんです。

人にいいことがあった時に
「よかったね」と言える訓練がいるんです。
人に良いことがあったら、
「よかったね」と言えばいいんです。

私の本にも書いてあるけれど、
「あいつは親に家を建ててもらって、
あいつの実力じゃないんだよ」って。

でも、実力がないのに家を持てたから
「よかったね」なんです。
実力があるなら
自分で建てているんだからね。

ほめる気がないと、
ほめられないんです。
いつも、どうやったら人をほめられるかな、って
言いながら探しているのは、
けっこう大変なもんです。

悪口なんていうのはいくらでもある。
人のアラは30でも40でも見つけられるんです。

でも、人のアラなんか、
いくつも、いくつも見つけたって、
人から嫌われるだけです。
友だちを失います。
やめてください。

とくに商人は、
そういうことをしてはいけないんです。
人間は人のアラを探すほど
立派な人はいなんです。

週刊誌には悪口がたくさん
書いてあるじゃないですか。
こんなに悪口を書かれている人でも、
私よりはまともなんです。

私の言いたいことわかりますか?

私の日常生活って、
文句を言われている人よりも、
そうとう悪いなと思うことがたくさんあるんです。
週刊誌って、どうだっていいこと、
些細なことをゴチャゴチャ書くんです。

人のアラ探しても心は豊かになれません。
人は良いところを見つけるほうが大変なんです。

でも、大変なことだから、
今世はそれに挑戦してみたい。
アラ探しは前世でずっとやってて
名人になっちゃったから、
新しい現世で、新しいことに挑戦しようよ。

「いくらあの人が立派なことを言っていてもね、
あの人の親戚には泥棒がいるのよ……」

って、親戚のアラまで探してくる人がいる。
当人にアラが見つからないと、
はるか遠い過去まで行って探す、
達人みたいな人がいるんです。
それは前世でやってきたからいいじゃないですか。

それは、卒業しましょう、ね?

もう、そろそろやめましょう。
って、いうことです。

0%の話をしました。

(了)

タイトルとURLをコピーしました