商人の啖呵

商人の啖呵【斎藤一人さん】

はい。
皆さ~ん、こんにちわ~。
リクエストに応えてですね、
アンコール、まぁオマケですね。
ちょと短いんですけど、聞いてくださ~い。
これはですね、私がよく、
サラリーマンの人でもそうです、
うちの会社の人にでもそうなんですけれど、
全員に言うことがあるんですけど。
一所懸命働きな、って。
お客さん大切にしなさいよ。
それからお金貯めなきゃダメだよ、無駄づかいして、って。
みんな使っちゃダメなんだよ、っていうこと言うんですけれど。
なんで、そういうこと言うかっていうと。
人生で、お金が無いとですね……
嫌なやつってのは滅多でてこないんです。
ただ全然いないわけじゃないですからね。
嫌なやつに頭を下げなきゃならないときがくる。
そういう人生を送ると、非常に嫌な思いしちゃうんですよ。
だから、嫌なやつが来たとき……
たとえばうちなんか、あきんどなんですけど、
ほんとにこう大切なお客さんを一所懸命大事にするんだけど、
中にはホントに嫌な客も来るんです。
で、その嫌な客に
「おめぇはホントにヤな性格だな」って。
「おめぇみたいな奴にモノぉ売るんだったら、
売らねぇほうがマシなんだ」と。
はっきり、こう言える。
人生でそれを言えると、スッとするんですよ、胸が。
このスッとするかしないかで、だいぶ違っちゃうんです。
私も10人の弟子がいて、
みんなうちのモノ売って仕事してるんだけど、
売り上げのことで私文句をいったことって一回もないんです。
それよりも、たとえば千個売ってようが、
一ヶ月に1万個売ろうが、
もう、いっつもぶつぶつ文句言ってるとか、
額にしわ寄せて口、への字に曲げてるとか。
そう奴にモノ売るな、って。
そういうやつが自分の作ったもの触ってると思うと気分悪いんだ。
ほんとに自分はまるかんが大好きなんだ、と。
そういう人だけが、うちのモノ扱えばいいんです。
それと、人間てのは、ご飯喰えるようになったら、ね、
喰えないときはしょうがないし頭を下げることもある何もある。
だけど、早くそういうの脱出して、
今日本人もうみんなぶくぶく太るほどメシ喰ってて、
嫌なやつになんか頭ぁ下げることなんか絶対ないんです。
それを私は最後に言いたいんです。
そのためには、ホントに無駄使いしない、
一所懸命働く、ね、お客さんに対しては笑顔で接する。
何のためこういうことするんですかっていったとき、
嫌なやつが来たとき、
「おめぇなんかにモノォ売らねぇよ」って、この一言。
この一言がいいたくて、みんな頑張るんだよ。
そしたら、張り紙しててもなんでもそうですよ?
ね?あんまり横暴だった場合、「冗談じゃないよ」って。
こうやって言えなきゃダメなんです。
だから、借金してビル建てた、土地買った、って。
借金すればするほど苦しくなって、
言いたいことも言えなくなっちゃうんです。
言いたいことをハッキリ言って生きられる人生。
こうふうにしなきゃいけないの。
で、偏屈とは違うんですよ、ちゃんと前に聞いたでしょ?
笑顔とかそういうことをしてても、前に出てくるんです。
その時ハッキリ言える。
これが出来るか出来ないかで、人生全然違いますからね。
みんな、頑張りましょう。
はい。
では終わりま~す。

タイトルとURLをコピーしました