幸せライフハック術

幸せライフハック術【斎藤一人さん】

はい!ひとりさんの独り言。
ホントにコレ、オマケです。
このテープを聞いた人にだけね、
特別のお話ですよ。
実のこというとですね、
私のお弟子さんたちというのは、
もともとはですね
仕事のお弟子さんじゃないんです。
精神的な話のお弟子さんなんです。
さっき言ってた完璧の話とか
人相の話とか運勢の話とか、
そういうのを聞いてた人なんです。
で、そういう人たちに精神的な話をしたときに、
実は仕事も全く同じだよ、
っていう話をしたんです。
どういうふうに同じなんですか、
って言ったときに、こういうことなんです。
たとえば、まあ駅で蕎麦を食べてると、
駅そばを立ってこう喰ってるとしますよね?
これが、まあよくわかんないけど、
300円だとか、そういう話として、
知らない人がそれを見たときに、
ずいぶん貧しそうな生活してるなーとか。
ね?あー、今日はあの人ラーメンか、
納豆定食か、っていうのありますよね?
で、一例なんですけど、
たとえば私も、そういうようなものをよく食べてる。
そのときに、必ず、
自分今日は寿司にしようかなと、
カツ丼にしようかなとか、
スパゲティがいいかなとか、
でも今日はラーメン喰いたいなあとか。
で、いろいろ考えた挙句の、
納豆定食なんですよね。
いや、ホントに納豆が喰いたいときもあるんですよ。
そうするとそれは、
いろんなものを蹴って
納豆定食にしたんで、豪華なんです。
豪華なの。
で、ここが問題なんだけれど、
納豆定食だからわびしいんじゃないんですよ。
納豆はおいしいんですよ。
じゃ、フランス料理。
フランス料理?
あんなもん、なんていっちゃいけないんです。
フランス料理食ってるときは
フランス料理がおいしいんです。
わかりますよね?

だから人間っていうのは、
いろんなものを食べたときに、
納豆喰いながらフランス料理喰いたいな、
というと急にわびしくなる(笑)
納豆のときは納豆美味しいな!
そこで幸せになるんです。
で、幸せとは、
その場でどういうふうに幸せになれるか。
で、幸せというのは、
ある程度の『頭と努力』がないと、
なれないんですよ。
不幸は来るんです。
ほっておいても、
なまけものでも不幸は来るんだよ?
嫌なことは来るんですよ。
頭ってのは、嫌なことを
勝手に考えるようになってる。
だけど、幸せは、
ある程度の『頭と努力』が要るんですよ。
で、その場で、今すぐ幸せになる。
そうすると、例えば
「人間はもっと幸せになれるぞ、
もっと幸せになれるぞ」っていうと、
どういう風にして幸せになんですか?
って言ったとき、
最初はもう、
花園のデカイ花園かなんか見なきゃ、
ぅわぁ、素晴らしく綺麗だ、って。
で、素晴らしく綺麗だ、はいいんだけど、
そんな花園なんか、
一生のうち何回見れるんですか?
それよりも、「今日桜が咲いてて綺麗でさ」
で、もっと達人になってくると、
「道路にさ、今日たんぽぽが咲いてて、
あんなとこたんぽぽ、綺麗だよね」
人の気がつかないことに気が付きだす。
そうすっと、
「俺って、足があって幸せだよな」って。
それを、気がつかない奴、
「なんで、俺の足は短いんだろう」とか、
そんなことはどうでもいいんだよ(笑)
幸せというのは、気がつき出すと、
人の気がつかない
「手が有って幸せ、
目が有って幸せ、
目ぇ開いて幸せ、
開かないやつもいたんだなぁ今日……」とか。
そのままご臨終なったやついっぱいいるんだよ。
それが、「今日も、目ぇ開いた」とか、
要は人が気がつかないことに、
どんどん気がつくんだよ。
だから、もっと細かいこと、
もっと細かいことに気がつくんだよ。
で、幸せなんだよ。
で、幸せっていうのはある程度努力して、
『頭と努力』があって初めて、幸せになるんだよ。
そうすると、どんな環境であろうが、
納豆食ってようが、
ご飯に塩かけて食ってようが、
「ありがてぇな、ホントに幸せだな」って。
それ、「太っちゃって、ヤんなっちゃうの」って、
太るほどメシ喰えたんだから幸せなの。
それで幸せで、
「じゃ、あたしそろそろダイエットしようかしら」って、
それならいいんだよ。
太ってることを不幸みたくいうけど、
メシ喰えないで餓死して死んでるやつは、
世の中にいっぱいいるんだよ?
ナニ馬鹿なこと言ってんだと。
そこを考えなきゃいけないんだよ。
そういうことを考えると、
太ってても幸せ、痩せてても幸せなの。
なんでも幸せ。
こうやって、なにやっても幸せと思うということは、
『努力』なんだよ。
『努力と頭』なんだよ。
その『努力と頭』を、
ずーっと続けられる人だったら、
仕事だって、今来たらどんなんだって……
お客さん、商売始めて、
ここをこうやって改良して笑顔で、ね?
で、今を幸せと思って
こうやって一所懸命やれるんだよ。
すと、不況が来るんだよ。
じゃ、不況が来たらどうやったらね、
お客さんに喜ばれて、
儲かる会社が出来るんだろうか、って。
要するに、精神的にどんな時にも幸せになろう
って気持ちがあったら、
どんな不況の時にだって、
お客に喜ばれる会社なんか出来るんだよ。
だから、仕事も精神的なものも、
私は、「同じだよ」って。
だからその通りにやってご覧って、
そしたら皆がついて来て幸せになれたんだよね?
だから、「え?精神的なことをやってた人が、
仕事をやって上手く行くんですか?」って、
行くに決まってんだよ。
どんな時でも幸せになれるっていう
『努力と智慧』が出せる人間だったら、
どんな不況が来たって、
幸せになってお客に喜ばれて、
売れる会社だって出来るんだよ。
だから全く同じことなの。
ね?
始めたときゃ上手くいかない、
だけどそれをを改良してけばいいんだよね。
次々、明るく明るく改良する、
いつも笑顔でいるんだよ。
それで勢いをつけるんだよ。
それで、小さいことにまで感謝していく。
で、これってどこで使うんですか?って、
ある程度の『頭と愛情』があってやってんだよ。
それさえ出来れば、
仕事だってなんだって上手く行くんだよ。
怠けてんじゃないよ!いつまで。
怠けてて来るのは不幸だけだよ?
あんたずーっと待ってたって、
人間の脳ってのは、
幸せを考えなきゃ、幸せにはなんないんだよ?
ただボーっとしてっと、
心配ごとばっかりするようになってんの。
なぜかっていうと、心配をしないと
怪我しちゃったりなんかするようになってんだよ。
だから人間の脳が、放っとくと、
心配するようになってんの。
だからそれを、切り替えてかなきゃいけない。
その為に人間は、考えるように
脳をつけてくれてんの。
それを、さらに否定的なことを言う。
「ついついね、悪いことばっかし考えちゃって……」
って、あんたは、何も考えてないから
悪いほうにいっちゃうんだよ。
考えてない時に、悪いほうに行くんだよ?
それをさも考えてるように思ってる。
悩んでるの、悩んでるのは考えてんじゃないの。
放っときゃそうなるの。
それを、「そうだ、改良しよう」
人間て、不完璧なんだよ、
完璧なのは神なんだから。
だから、やってみて改良しようよ。
人らか好かれる笑顔になろうよ。
笑顔になって、
ダラダラやってるより、
テキパキやろうよ。
そしたら運勢が良くなるじゃないか。
で、こんだけの事が出来たら、
精神も仕事も全く同じだよ。
「え?精神的なことから仕事に入って、珍しいですね」
って、珍しくはないよ。
なんのことはないよ、って。
で、これが、私が、
このテープを聞いてくれた人に、
最後の最後のオマケの話なの。
以上で、終わりま~す。

タイトルとURLをコピーしました