たった一言で人生が変わる『言霊の魔法』

たった一言で人生が変わる『言霊の魔法』~感動秘話(後日談)【斎藤一人さん・遠藤忠夫さん】

皆さん、こんにちわ!遠藤忠夫です。
本日の私の話は、
たった一言で私の人生が変わってしまった、
という実際に私に起こった話、
『言霊の魔法』聞いてください。
宜しくお願いします。

私と一人さんは、今から20年前、
はなゑ社長がやっていた
『トムソーヤ』という喫茶店で出会いました。
出会った当時、私はひとつ悩みを抱えていました。
そして、その悩みをひとりさんに聞いてもらおう。
ひとりさんだったら当然、
私のこの悩みを解決してくれるんじゃないかな?
と思って打ち明けました。
「一人さん、私は今悩みがあります。
聞いてくれますか?」
というと、ひとりさんは、
「いいよ、忠夫ちゃん話してご覧?」
と優しく言ってくれました。
「私は、今、そこの自動車教習所に
指導員として勤めているんですね。
その教習所は、指導員が100人いるんですけど、
その100人のうち、ひとりさん、
たった1人なんですけど、
私のことを嫌ってる人がいるんですよ。
100人のうち1人だったら、
いんじゃないか?ってひとりさんは思いますよね?
でも、実はそうじゃないんです。
100人のうち、そのたった1人というのが
私の上司なんです。
上司だと、なぜか悪いか?っていうと、
実は今私は、自動二輪を教える資格が
あるのにもかかわらず、
嫌われているから教えさせてもらっていなんです。
また、学科を教える資格があるのにもかかわらず、
嫌われているから学科も教えることが出来ないんです。
それから、朝です。朝ってひとりさん、
一番、スタートですから
やっぱり爽やかに仕事をしたいですよね?
その、朝私は、その上司に対して
『おはようございます』って挨拶をするんです。
そうすると上司は、私にこういいます。
今からちょっとだけやってみますから、
ひとりさん、見てて下さい」
て言って、ひとりさんに見てもらいました。
今から実際にやりますから、
見てください、みなさんも。
「私が朝、教習所に行きます。
上司が前から歩いてきます。
私は立ち止まって、上司の顔を見て、
笑顔で『おはようございます』って
その上司に言います。
そうすると、上司は、私に向かってこういいます。
『ぉ』
小~さな声で、『ぉ』だけです。
でも、他の指導員が上司に向かって
『おはようございます』って言うとひとりさん、
その上司はこういうんですよ?
『おはよう!』
これは酷いですよね?
私の悩みというのは実は、
挨拶をしてもらいたい、っていうことじゃないんです。
今実際に私は、自動二輪を教える資格があるのに、
嫌われているから、やらせてもらってないんです。
また、学科を教える資格があるにもかかわらず、
嫌われているから、学科、教えられないんです。
この悩み、どうにか解決できませんか?」
ってひとりさんに聞いたら、
ひとりさんが、私にこう言ってくれました。
「忠夫ちゃん、解決出きるよ。
じゃあ、今からその解決方法を
忠夫ちゃんに教えてあげるから、よく聞くんだよ。
これから話す言葉は、
魔法の言葉だから忠夫ちゃん、覚えておくんだよ?」
って、ひとりさんが言いました。
「はい、教えて下さい」
「いいかい?今から言うよ。
よく聞いてよ?明日その上司に会ったら、
一言、笑顔を添えて『感謝してます!』って、
忠夫ちゃん、言ってご覧?」
て、ひとりさんは、私に優しく言ってくれました。
その時私はひとりさんに、こう答えました。
「ひとりさん、絶対に言えません。
私ひとりさん、申し訳ないんですけど、
その上司に、これっぽっちも感謝してません。
ですからひとりさん、言えません。
ウチの母親は私にこういいます。
『心にもないこと言うんじゃない』って、
いつも言いますから、心で思ってませんから、
『感謝してます』って、ひとりさん、言えないんです」
って、私が言ったら、
ひとりさんは優しくこう言ってくれました。
「忠夫ちゃん、いいかい?
人間、心で思ってたら、
口に出していうんだとしたら、
10年、20年、言えないよ。
だから、心で思ってなくてもいいから、
口に出して言いな」
って、言われたとき私、「はい」って言いました。
そして次の日、教習所で、言う決心をしました。
実際に、次の日になったと思って、
皆さんも聞いてください。
朝、上司が前から歩いてきました。
私が歩いてきます。
立ち止まります。
ニコッと笑ってその上司に対して、
「おはようございます。感謝してま~す」
って、言ったんです。
そしたら、上司が思わずこういいました。
「おはよう!」
私、すっごく嬉しくなりました。
あぁ~、教習所に入って初めて、
おはようって言ってもらいました。
そしてそのドラマは、
その日のお昼休みに起きました。
私、その上司に指導員室に呼ばれました。
「遠藤君、キミはたしか、
自動二輪、教える資格、持ってたよねぇ~」
って、言うんです。
で、私はこう言いました。
「はい。持ってました~」
「そろそろ、やらないかい?」
って、言うんで、
「やらせていただきます」って言いました。
そして、続けざまにこういわれました。
「学科も教える資格、持ってたよねぇ。
そろそろ、やらないかい?」
って、言うんです。
私は、また続けて
「やらせていただきます」って言いました。
そして、指導員室を出るときです。
その上司が私にこう言いました。
「遠藤君、今晩、一杯飲みにいかないかい?」
「よろこんで~」と、
私は二つ返事で飲みに行きました。
教習所に入って、飲みに連れていってもらったのが、
この時初めてでした。
私が実際に、その上司に対して
「感謝してます」って言います。
でも、私のじゃ心の中はどうだったのかな?
その当時どうだったのかな?って思いますと、
ホントにこれっぽちも、
感謝の気持ちなんか持ってません。
ね?
嫌がらせをされてる人に感謝なんか、
したくないもんね?
で、思ってもいなかったんです。
でも、実際に言葉に出た
「感謝してます」ということが、
相手に伝わり、奇跡が起きました。
今では、私は心から「感謝してます」という言葉が、
毎日、出るようになりました。
これが、私に起きた『言霊の魔法』っていう話なんです。
実は、つい先日、
この話にはびっくりするような後日談がありまして、
その後日談を、ひとりさんに私は、
つい先日聞かされました。
その話を、皆さんに、
これから聞いていただこうと思います。
宜しくお願いします。
つい先日のこと、ひとりさんに
「『感謝してます』と、一言いっただけで、
なんであんな奇跡が起きたんでしょうね?」
って、私はひとりさんに尋ねました。
そしたらひとりさんが、私にこういいました。
「忠夫ちゃんは、家庭のことや
親のこともいろいろあったよね?
身体も、人一倍大きかったし、
喧嘩も強かったし、正義感も強かったから、
人助けもたくさんしたけど、
弱いものもいじめちゃったことも、あるよね?
強い人間って、ずーっと、
やられた人の気持ちがわからないんだよ。
だけど、そこに就職した時に、
自分の上司が忠夫ちゃんに、
意地悪をしたとき初めて、
弱い人間は苛められたときに
こんな気持ちだったんだろうな。
全く嫌な上司だな、と思うのは、
人間界の言い方なんだけど、
その上司の事を、この人が観音様の化身なんだ、
この人が自分に嫌なことをされた気持ちを
分からさせてくれたんだ、あぁ有り難い。
この人が観音様だと思ったら、
『ありがとうございます』
『感謝してます』と、自然と出るよね?」
と、ひとりさんは私に教えてくれました。
私は、20年経った今、
当時の『感謝してます』という訳が分かりました。
そして、こんなに深い意味のある話だとは知らずに、
話をしていましたが、その訳を知った今、
私はこの話が益々好きになりました。
今日は、私の話を聞いてくださいまして、
皆様に、心より感謝いたします。
ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました