「斎藤一人 愛は勝つ」出版記念パーティー講演

斎藤一人 愛は勝つ

衆生済度~来世デ逢イマショウ【斎藤一人さん】来世もまた会いたい/また来世も会いたい

なんかさっきの話じゃ済まないなって気がしました。
え~、私はすごい恥ずかしがり屋なんです。
だから、写真撮られてみんなに顔を知れると、
どっか遊びに行ってるときに
「ひとりさん」って言われると
ドキッとしちゃうんです。
子どもの時から、
先生に呼ばれたときは怒られるとき。
だから、呼ばれると
何か怒られるときじゃないかって反応があって。
今、恵美子さん、歌、歌ってくれて
ほんとに上手だったんだけど。
だったんだけどって言い方、おかしいけど(笑)
ほんとに、昔も上手で、
何十年も前の話だけど、赤坂に飲みに行ったの。
その頃は、ピアノ弾いてくれる人がいて、
クラブ歌手がいて歌を歌ってたの。
で、そのなかで「お客さんのなかで歌う人」
って言ったとき、恵美子さんが私歌うって。
「お前やめろ、恥かくから」(笑)
そしたらね、「殿、私うまいんだよ」
「そう、じゃ、やってごらん」って。
歌ったらね、ほんと上手だったの。

それで、歌手ンなりたくて出てきたんだって。
指圧学校で知り合ったんだけど、
何か東京へ出るときに、
親に学校へ行くって言わないと
出してくれないんだよね。
その頃『あなたをスターに』
っていう番組があって、
そこで恵美子さん優勝して、
ただ中学校で「高校出てから、出て行きなさい」
って言われたんだけど親は出したくないから。
日本人には珍しい黒人並の音量があるんだって。
でも、その時ね、私ね、人相見だから、
俺の言うこと聞いて事業家になったらね、
北海道で一番のお金持ちになれるよつったらね、
恵美子さん、すっと私の言うこと信じてね(笑)
「それなら私、事業家になる」
恵美子さんと会った回数と、
喧嘩した回数は同じ数です(笑)
え~、それもすごい喧嘩です(笑)
ものすごい喧嘩なんですけど、
次の日に必ず
「昨日のコミュニケーションよかったね」ってんで(笑)
この人は、コミュニケーションだと思ってるんだ(笑)
うちの会社ほんと面白いです。
私、仕事大好きですから、
車乗ってちょっと恵美子さんと話してると
気がつくと、6時間、7時間運転してるんです。
だから、青森まで行っちゃったとか。
盛岡なんて近いんです。
もう、それぐらい仕事の話してて、
もう仕事が大好きなんです。
で、うちのお弟子さん集めて
「社長会議するよ」って言うと、
非常に面白い社長会議です。
はなゑさんは、始まると同時に飲み出します(笑)
もうね、真由美さんもです。
純ちゃんはね、どこか電話したいらしくて、そわそわ(笑)
ほぼ社長会議になってないんです。
え~、寝ちゃう人もいます。
でも、私、起こしたことないんです。
起こしちゃだめだよ。
何でかっていうと、
寝たいような奴の意見ってろくな事ない(笑)
でも、共通して言えることがひとつあります。
それは、なかよしなんです。
最近、仲良くなった寺田社長が私たちを見てると、
ひとりさんの食べるものを
みんながとって食べちゃったり、
話ししてると聞いてないで寝てる人がいたり。
で、こんな師弟関係があるんですかね?っていうから。
師弟関係だと思ったことがないんです。
仲間なんです。
友達なんです。
で、本出すようになってから、
お師匠さんとかって言われるようになったけど。
私、友達なんです。
一回あの、税務署の方でほんとに偉いところが、
うちに査察来て、ホントにうちのこと調べ上げたとき、
1円の脱税もしてないってことがわかったとき、
それまで、うちの会社に対して言ったことが、
調べて調べて調べ上げた結果、
その税務署の一番偉い方が、
何て言ったかっていうと
「あんた達は会社じゃない。
仲良しクラブだ。
会社としての体制ができてない」んだ(笑)
今から、不思議なこといいます。
私は神主だったことがあります。
お坊さんだったこともあります。
武将だったこともあります。
その時に、一緒に居た仲間がいます。
全国にいるんです。
それが、今燦燦と、集まって来てくれています。
いつも、私がお弟子さんに言うのは
「来世もまた会おう」
あの世に行ったときに、
どこに生まれるかわかんないの。
インドなの、チベットなの、
どこに生まれるかわかんないけど、
必ずみんなが言うのは
「絶対、自分のこと探してね。
また、みんなで会おうよ。
そして、また楽しく生きよう」
ひとりさん、今、ツイてるって言ってるけど、
ツイてるって言っただけで
幸せになるのは大間違いだとか、
いろんなこと言うんです。
何んて言っても、構わないよ。
だけど、ほんとに困っている人がいるんだよ。
精神的に悩んでいる人がいるんだよ。
仏教だっていちばん最初はね、
貴族しか入れなかったんだよ。
で、貴族っつうのは、
知識もあって、金もあって、
暇もあるんだよ。
そんな奴の悩みが何なんだよ。
ほんとに悩んでいる奴は……
親鸞上人はね、
「南無阿弥陀仏だけ唱えれば成仏できる」
って言ったんだよ。
その時も、みんなに非難されたんだよ。
南無阿弥陀仏だけね、言ってて、
人ねは成仏なんかできない、って。
周りから言われたんだよ。
だけど、庶民は字が読めないんだよ。
あのお経が理解できないんだよ。
できない人間を、見捨てて行くんですか?
っつったとき、そうじゃない。
あの人すごいのは、坊さんで初めて結婚したんだよ。
みんなから非難されたけど、
結婚して成仏できないなら、
ほとんどの人成仏できないんだよ。
ついてないとか、愚痴、泣きごとばっかりなんだよ。
その間に、ついてる口ぐせにしているときは、
他のこと言わないんだよ。
南無阿弥陀仏って唱えている人間は、
人のもの捕ろうとしないんだよ。
人をいじわるしようと思わないんだよ。
それまでは、足の引っ張り合いだったんだよ。
どんなちっちゃな言葉からでもいいから、
始めればいいんだよ。
自分の言葉から出せばいいんだよ。
お釈迦さまがね、托鉢に行くとき
貧しい人から、恵んでもらいな。
貧しい人って、人を妬むこと、
自分がもらうことしか考えないんだよ。
だけど、その中から自分の食べ口から、
ひとさじでも人にくれるようになった時、
人生は変わるんだよ。
俺のこと、いくら非難してもいいよ。
何してもいいよ。
だけど、ほんとに困っている人って
「ツイてる」すら言えないんだよ。
ツイてるって言ってごらんって、
そんな簡単なことで幸せになれないって言うけど、
試しに誰かにやってみな。
ついてるってあんた
10回1日ゆってごらんって言ってみな、やらないから。
それを、やってもらうための努力って大変なんだよ。
わかるかい?
うちのお弟子さんたちだって、
仕事なんかしたことないんだよ。
その人たちが、
仕事をするようになるって大変なんだよ。
今、一生懸命、人を幸せに、奔走してるんだよ。
初めの一歩は「ついてる」とか
「愛してます」とか、
だんだん言えるようになって、
日常しゃべってると、
ふっと言葉に出るんだよ。
これが大切だと私は思ってるの。
小さいことでも少しずつ、
少しずつやってけばいいの。
俺は、お師匠さんらしくない
お師匠さんかもしれない。
だけど、こういうお師匠さんが好きだって、
ついてきてくれる人もいるんだよな。
だから、立派な人っている。
俺も頭が下がる人って山ほどいる。
でも、ここの人たちは俺が好きなんだよ。
私もみんなが大好きです。
ほんとに好きです。
来世も、再来世も、みんなとまた会いたいです。
そして、この世の中ってホントはつまらないんです。
だけど、このつまらない人生だって、
幸せの種はあるんです。
ちっちゃい種見っけたらね、育てるんです。
大信田ちゃんの話聞いたとき
「この種、育てられる」
そしたら本になったんです。
そして、こうやってパーティー開いたんです。
だんだん、こうやって手をかけてると花が咲くんです。
夢がある人は、夢を持てばいいんだよ。
目的がある人は目的に向かえばいいんだよ。
でも、8割がたは夢なんてないんです。
ホントだよ。
で、夢がない人はどうやったらいいんですか?って。
夢がないからなら、好きなことができるんだよ。
俺の言ってることは正しいんですか?
正しいもクソもないんだよ。
どうやって幸せになるかなんだよ。
夢がないだけで
人生終わりにしちゃうわけにはいかないんだよ。
うちのお袋が言ってくれたのは、
「お前、学校の勉強が全部向かない
っていうことは社会に向いてんだよ」
会った人、会った人に夢を与えれるか。
そして、その人の背負っているものを、
少しでも肩の荷を降ろさせてあげられるか。
「ついてる」から始めて、
よちよち歩きの人に
「そんなの、無駄だ」とか言わないでください。
その人、必死なんです。
「ゆるします」が言えない人は、
言えないような人生を歩んできたんです。
その人がやっと言った一言は、
大変な一言なんですん。
みんな、今よりましになろうとしてるんです。
それを、辛い人ほど完璧になろうとするんです。
出来ないんです、これは。
今より、ちょっとだけましになればいいんです。
足し算もできない人に、
方程式教えたってできないんです。
人は神が与えてくれた場所から、
少しずつ少しずつ歩いてけばいいんです。
そして、幸せの種を見つけたら育てるんです。
そしたら、みんなで楽しくね。
大信田ちゃんもこれからずっとパーティー続くんです。
東京に来れない人もいます。
青森で待ってる人もいます。
これから、各県担当している人が小さいながらも、
自分の体験を発表し、
それをまた祝い、
またこのバトンを次につないで……
素晴らしい人いっぱいいます。
私、人相観だからわかるけど、
この中に本を書ける人何人もいます。
うちの女性たちで、
結婚したがっている人いません(笑)
いや結婚したいより
結婚式を挙げたい人が多いらしいの。
いや、そうらしいのね、聞くと。
あれが、一生一回のおしゃれらしいの。
でも、うちの会社は結婚式ぐらいの
派手な格好、年に何回もしてるの。
これからもできるだけちっちゃい種見つけたら、
大きく育てて幸せの花咲かせます。
ひとつ咲いてひとつ咲いて、
そしたら、またみんなで遊びにきてください。
そして、この花を分かち合って、
持って帰ってください。
そして、幸せの輪をどんどん広げてください。
どうもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました